恵比寿や北見なら出会い

人生の中でとても大切な恵比寿や北見の出会い
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北見の出会いを私は知らない | main | 恵比寿の出会いでの現実はそれほど甘くない >>

空虚さを感じる北見の出会い

0

    来るのまほろばを求めて
    来ることの空虚さを知っている
    来る北見の出会いがないのは
    しかし、春には花が咲きます

    北見出会い
    生きるために、人北見の出会いはビジョンを求めます(理想、希望、夢、あるいは物と人々がいるかもしれません)
    その中で、私たちは生きていることの空虚さを知っています(理想としては行かないという現実、必ずしも夢が叶うというわけではありません...)。

    生きるための合唱(心の支え、人であること、夢であること)の欠如は
    しかし、春には花が咲きます
    (刻々と活気に満ちて咲きますが、久しぶりに見れば、ほんの少しの間に壊滅的になるでしょう…見ている間でもありません)
    言い換えれば、生きるための心の支えは、ちょっとした力ではあるが、それに頼る力は長い間ない。

    北見の出会いの線は漫画の表紙のための良い詩であり、そしてそれは長い間考えられていて心の中に残っています。

    これは私の解釈です...

    現実を知り、強くなる
    何にも頼らず、強い感情を持った強い考えに頼る

    どういう意味なんだろう…(笑)

     

    北見 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする